日本の農業をもっと元気に。

農業従業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など様々な問題を抱える日本の農業。
単なる生産や、消費ではない。村おこしや慈善事業で終わらない。
企業として日本の農業に出来ることはないか。
そんな考えから水田活性化協議会「田んぼオーナー制度」が生まれました。
企業が田んぼ1枚1枚のオーナーとなり、企業のオリジナル米としてお米を買い取る契約を行うことで直接的な販路が確保され、さらに様々な付加価値を付けることで農家の所得向上や雇用の促進を目指しています。農家がオーナー企業と共に米づくりを行い、田んぼからお客様、社員、子供たちに人と人とのつながり・食べ物のありがたさを学ぶ機会も提供しています。

農業従業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など様々な問題を抱える日本の農業。単なる生産や、消費ではない。村おこしや慈善事業で終わらない。企業として日本の農業に出来ることはないか。そんな考えから水田活性化協議会「田んぼオーナー制度」が生まれました。企業が田んぼ1枚1枚のオーナーとなり、企業のオリジナル米としてお米を買い取る契約を行うことで直接的な販路が確保され、さらに様々な付加価値を付けることで農家の所得向上や雇用の促進を目指しています。農家がオーナー企業と共に米づくりを行い、田んぼからお客様、社員、子供たちに人と人とのつながり・食べ物のありがたさを学ぶ機会も提供しています。

農業就業者の平均年齢 2000年61.1歳 ▶︎ 2016年66.8歳 農業就業人口の推移 2000年389.1万人 ▶︎ 2016年192.2万人 食料自給率(カロリーベース)1965年73% ▶︎ 2016年38% 農業就業者の平均年齢 2000年61.1歳 ▶︎ 2016年66.8歳 農業就業人口の推移 2000年389.1万人 ▶︎ 2016年192.2万人 食料自給率(カロリーベース)1965年73% ▶︎ 2016年38% スマートフォン用

このままだと日本の自然豊かな景観が失われ、
外国産の安価な農作物ばかりに…!?

このままだと日本の自然豊かな景観が失われ、外国産の安価な農作物ばかりに…!?

農業を守ることが、
日本を守ることに繋がる。

中山間部では農業が主な仕事ですが少子化・高齢化が止まらずどんどん人口減少に陥っています。そして、日本の食を支えてきた農業を守り、未来の子供たちへ日本のきれいな水や自然の風土を残すためにも、我々はその課題にチャレンジすべく、農業を発展させ地域を元気にさせたいと考えています。また企業版田んぼオーナー制度によって一人でも多くの方に、田植えや稲刈り体験を通して田舎の良さを感じていただき、生産者と直接関わっていただく事で食の安全と安心に興味を持ってもらいたいと願います。まずは石川県奥能登から始めます。私たちと一緒に日本の農業を、もっと元気に!

中山間部では農業が主な仕事ですが少子化・高齢化が止まらずどんどん人口減少に陥っています。そして、日本の食を支えてきた農業を守り、未来の子供たちへ日本のきれいな水や自然の風土を残すためにも、我々はその課題にチャレンジすべく、農業を発展させ地域を元気にさせたいと考えています。また企業版田んぼオーナー制度によって一人でも多くの方に、田植えや稲刈り体験を通して田舎の良さを感じていただき、生産者と直接関わっていただく事で食の安全と安心に興味を持ってもらいたいと願います。まずは石川県奥能登から始めます。私たちと一緒に日本の農業を、もっと元気に!

耕作放棄地の面積と分布グラフ ①S60年(面積)13.5ha ②H2年(面積)21.7ha ③H7年(面積)24.4ha ④H12(面積)34.3ha ⑤H17年38.6ha ⑥H22年39.6ha 耕作放棄地の面積と分布グラフ ①S60年(面積)13.5ha ②H2年(面積)21.7ha ③H7年(面積)24.4ha ④H12(面積)34.3ha ⑤H17年38.6ha ⑥H22年39.6ha スマートフォン用

SDGsへの貢献

水田活性化協議会では、日本の農業の活性化に貢献しています。
「社会貢献の一貫として」「他社とは違った取り組みをしたい」など、賛同者様の想いはそれぞれ。
あなたも一緒に日本の農業を守りませんか?

水田活性化協議会では、日本の農業の活性化に貢献しています。「社会貢献の一貫として」「他社とは違った取り組みをしたい」など、賛同者様の想いはそれぞれ。あなたも一緒に日本の農業を守りませんか?

  • 接続可能な開発目標(SDGS)〜農業支援からSDGsへの道〜のバナー
  • 国産国消を推進しよう‼️のバナー
  • 企業・個人向け 田んぼオーナー様募集中のバナー
企業・個人向け田んぼオーナー制度〜ワクワクをすべての人に〜の画像 企業・個人向け田んぼオーナー制度〜ワクワクをすべての人に〜のスマートフォン用画像
  • 企業のお客様のバナー画像
  • 飲食店のお客様のバナー画像
  • 個人のお客様のバナー画像

TOPICS

  • 2019.04.16

    TOPICS
    中谷機工株式会社様(兵庫県)田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2019.04.12

    TOPICS
    浅井克樹税理士事務所様(石川県)田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2019.03.29

    TOPICS
    幼保連携型認定こども園 ちこう様(石川県)田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2019.03.25

    TOPICS
    株式会社冨士タクシー様(石川県)田んぼオーナー継続契約頂きました。
  • 2019.03.19

    TOPICS
    株式会社オーシン様(福井県)田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2019.03.18

    TOPICS
    株式会社西川電機工業所様(石川県)田んぼオーナー継続契約頂きました。
  • 2019.03.08

    TOPICS
    YAMAKIN株式会社様(大阪府)田んぼオーナー継続契約頂きました。
  • 2019.03.08

    TOPICS
    税理士法人Y.K.C.様(大阪府)田んぼオーナー継続契約頂きました。
  • 2018.10.29

    TOPICS
    宏文印刷株式会社様(石川県)田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2018.10.12

    TOPICS
    三友開発株式会社様(新潟県)田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2018.09.30

    TOPICS
    竹澤地所株式会社 阿倍野大衆酒場 肉ばんざい様(大阪府) 田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2018.06.11

    TOPICS
    中谷機工株式会社様(兵庫県) 田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2018.05.01

    TOPICS
    税理士法人Y.K.C.様(大阪府) 田んぼオーナー契約頂きました。
  • 2018.04.16

    TOPICS
    YAMAKIN株式会社様(大阪府) 田んぼオーナー契約頂きました。
  • 男性3名の画像
  • 看板の前でピースサインをするオーナー様の画像
  • オーナー証明証を手に持つ2名のオーナー様の画像
  • 複数人の社員と映るオーナー様の画像
  • スーツ姿の男性4名で映るオーナー様の画像
  • スーツ姿の男性がお米を持っている写真
  • 企業の方はこちらのバナー画像
  • 飲食店の方はこちらのバナー画像

NEWS

  • 建設工業新聞

    新聞 2016.09

    「企業が農業を支援する新しい形」として、企業版田んぼオーナー制度が掲載されました。

  • 月間事業構想12月号

    雑誌 2016.12

    月間事業構想12月号にて水田活性化協議会の設立から「企業版田んぼオーナー制度」のスタートが掲載されました。

  • 「Forbes」2月号

    雑誌 2017.01

    「Forbes」2017年2月号にて水田活性化協議会が紹介されました。
公益社団法人日本青年会議所2015年度活動JC流「巻き込み方」の研究世界を動かした「小さな仕掛け」と「ツカミ」の記事中で農業支援制度として水田活性化協議会を紹介。

  • 「わくわくファーム」田植え体験

    新聞 2017.05

    石川県輪島市にて水田活性化協議会「わくわくファーム」田植え体験が開催取り組みに賛同いただいた企業オーナー様、地域住民の皆様、県内外25名で田植えを行いました。

  • 山本樹育様(YAMAKIN株式会社)

    NEWS 2018.04

    公益社団法人日本青年会議所2016年会頭 山本樹育様(YAMAKIN株式会社)に水田活性化協議会活動を報告。「企業版田んぼオーナー制度」へのご支援を頂くことが決定しました。

  • 輪島市 梶文秋市長を訪問

    NEWS 2018.05

    輪島市 梶文秋市長を訪問し、【企業版田んぼオーナー制度】の報告。
企業が農業を支援する仕組みが構築され、昨年に引き続き田植えイベントを行うことを報告いたしました。市長からは「素晴らしい取り組みである、是非継続活動をお願いしたい」「輪島市としても出来ることは協力する」というお言葉を頂きました。