田植え・稲刈り体験

子供たちが真剣に田植え体験をしている写真 大人が笑顔で田植え体験をしている写真 子供達が楽しそうに田植え体験をしている写真 田植え体験中の人たちを遠くから撮影した写真 田植え体験をした方達の集合写真

田植え体験について

世界農業遺産ののどかな田園風景の中で田植え体験ができます。
自分たちが食べるお米を自分たちで植える。
自分たちが植えたお米を大切な人に贈る。
子供たちにお米の大切さを伝える。
水田活性化協議会では、オーナー様に向けて“感動を共有”できる田植え体験をご用意し
ております。
石川県輪島市「わくわくファーム」みんなで作る、皆で体験する。
社員と、家族と、かけがえのない時間を共有しましょう。
田植え体験は毎年5月中旬に石川県輪島市の水田活性化協議会指定の田んぼで行われます。
社員旅行や社員研修にもご活用頂けます。

世界農業遺産ののどかな田園風景の中で田植え体験ができます。自分たちが食べるお米を自分たちで植える。自分たちが植えたお米を大切な人に贈る。子供たちにお米の大切さを伝える。水田活性化協議会では、オーナー様に向けて“感動を共有”できる田植え体験をご用意しております。石川県輪島市「わくわくファーム」みんなで作る、皆で体験する。社員と、家族と、かけがえのない時間を共有しましょう。田植え体験は毎年5月中旬に石川県輪島市の水田活性化協議会指定の田んぼで行われます。社員旅行や社員研修にもご活用頂けます。

親子が稲刈り体験をしている写真 複数の親子が稲刈り体験をしている写真 親子が笑顔で稲刈り体験をしている写真 子供が笑顔でピースをしている写真 親子が笑顔で農家の人と稲刈り体験をしている写真 子供が農家の人と一緒にコンバインに乗っている写真

稲刈り体験について

5月に植えた稲もいよいよ収穫を迎えます。
大きく実った稲穂が創る秋の風景。
カマを片手に“ザクザク”刈られた稲穂を持って子供たちはおおはしゃぎ!
5月の田植えより参加のオーナー様は感動もより一層。
お子様たちにとっては普段食べているお米がこうやって実っているという感動。
食育の場としても多くのご家族皆様にご参加頂いております。
稲刈り体験は毎年9月上旬~中旬に石川県輪島市の水田活性化協議会指定の田んぼで行われます。社員旅行や社員研修にもご活用頂けます。

5月に植えた稲もいよいよ収穫を迎えます。大きく実った稲穂が創る秋の風景。カマを片手に“ザクザク”刈られた稲穂を持って子供たちはおおはしゃぎ!5月の田植えより参加のオーナー様は感動もより一層。お子様たちにとっては普段食べているお米がこうやって実っているという感動。食育の場としても多くのご家族皆様にご参加頂いております。稲刈り体験は毎年9月上旬~中旬に石川県輪島市の水田活性化協議会指定の田んぼで行われます。社員旅行や社員研修にもご活用頂けます。

よくある質問

企業のお客様向け

Qのアイコン画像

オーナーになるってどういうこと?

Aのアイコン画像

契約の水田で様々な体験ができ、収穫されたお米はオーナー企業様だけの米として提供させて頂きます。また田んぼには企業様名や好きな名前の看板を設置し、お米の収穫時にはオリジナルラベルにて配送致します。さらに、田植え・稲刈りイベントや、農繁期レポートを通じて、企業様と生産者が直接つながり、安心・安全の推進につながります。(契約は収穫米の売買契約という形となります)

Qのアイコン画像

何ができるの?

Aのアイコン画像

毎年、協議会にて田植えや稲刈り等の農業体験の他に様々な催しを企画致します。社内旅行やお客様との交流として。また家族旅行でお子様への食育。ポン菓子体験など自然ならではのイベントを企画致します。またオーナー様は購入された田んぼを見学も出来ますので、ぜひ記念撮影などで企業PRにご活用下さい。

Qのアイコン画像

お米はいつ届きますか?

Aのアイコン画像

収穫後精米をしての包装となりますので最短で11月上旬から発送可能となります。納品まではお米専用の保管庫で管理させて頂きます。発送は1アールにつき1回分まで料金に含まれております。またお米の保管は翌年の8月末までとさせて頂きます。(9月以降は一括配送)

Qのアイコン画像

お米の配送について、定期便は可能ですか?

Aのアイコン画像

可能です。お客様のご希望に添って配送させて頂きます。ただし、送料につきましては別途費用となります。ノベルティ無しの定期便パックもございますのでご相談下さい。

Qのアイコン画像

オリジナルのラベルを作成できますか?また名前をつけることはできますか?

Aのアイコン画像

パターンを数種類用意してありますのでご希望のデザインをお選び下さい。また、オリジナルラベルもデザインをご用意頂ければ対応させて頂きます。

Qのアイコン画像

オリジナル米を500gや1kgの個包装にできますか?

Aのアイコン画像

3kg包装以下の個包装は別途料金が発生いたします。見積りしますのでお問い合わせ下さい。また基本的には精米して発送させて頂きますが、玄米での納品も可能です。

Qのアイコン画像

田植えから稲刈りまですべてお任せしてもいいのでしょうか?

Aのアイコン画像

基本的にプロの農家さんが管理を一括して行いますのでご安心下さい。

Qのアイコン画像

お米は何キロ収穫できますか?また収穫保証とはどういったことですか?

Aのアイコン画像

1アール(10m×10m)につき玄米40キロを保障させて頂きます。収穫高は田んぼ、気候、時期によって様々ですが、1アールにつき玄米40キロの提供は保証されています。(地震・台風等天災によって収穫が困難になる可能性もございます。不作の場合は他の水田から規定量を補填させて頂きます。)

Qのアイコン画像

お米の品種は選択出来ますか?

Aのアイコン画像

水田リストによってこしひかり・のとひかり等の品種が変わりますので、お好きな品種をお選び頂けます。

Qのアイコン画像

お米についてこだわりは何ですか?

Aのアイコン画像

生産者がはっきりしており農繁期レポートにて稲の生長過程を報告させて頂きますので、安全・安心を実感して頂けます。また、農薬は雑草のために必要時最低限しか用いない減農薬栽培となり、有機肥料を用いて品質向上を第一としております。食味値が全国平均以上の高い評価をされた農家さんのみに依頼しますので、ご満足して頂けると思います。スーパーなどでの購入は、様々な農家が、様々な場所で作ったお米がブレンドされておりますので、単一米としてご満足頂けるのではないでしょうか。

Qのアイコン画像

購入した水田の様子を見に行きたいのだけれど…

Aのアイコン画像

オーナーとなって頂いている水田は自由に見学できます。中に入りたい場合は必ず管理農家さん、もしくは水田活性化協議会へご連絡ください。

Qのアイコン画像

SDGsに貢献 持続可能な社会に向けて

Aのアイコン画像

企業が利益を追求するだけではなく、会社組織が社会へ与える影響に責任を持つことです。企業としての社会的責任とも言われ、地域・社会に対しての貢献活動とも考えられます。水田活性化協議会では、企業の皆様に農業へ関心を持っていただき、普段食べているお米がどのように出来るか。日本の稲作文化を意識するきっかけにもなりますし、水田を大切にすることを通して田舎の景観を守る取組みにつながります。「農業を支援」しているという企業PRにも、ぜひお役立てください。

個人お客様向け

Qのアイコン画像

一口オーナーは希望の田んぼや銘柄を選ぶことは出来ますか?

Aのアイコン画像

一口オーナー制度は複数オーナーで1つの田んぼオーナーになる商品ですので、当社指定の田んぼ(こしひかり)となります。

Qのアイコン画像

一口オーナーのオーナーも田植え稲刈りイベントに参加できますか?

Aのアイコン画像

一口のオーナー様もイベントに無料で参加頂けます。

Qのアイコン画像

一口オーナーのお米は袋やラベルを選べますか?オリジナルで作れますか?

Aのアイコン画像

一口オーナーのお米は3kg(精米2.7㎏)のクラフト袋入り、段ボール個包装、統一ラベルとなっており、オリジナル対応はできません。

Qのアイコン画像

一口オーナーのお米を複数回に分けて配送したり、複数個所に分けて配送していただくことは出来ますか?

Aのアイコン画像

一口オーナーの納品形態は3kg個包装6箱入りの段ボールが2ケースで、ケースごとに1か所もしくは1回分の送料が含まれております。2か所以上、2回以上に分けての配送も別途お見積りにて承りますので、お気軽にご相談ください。

Qのアイコン画像

一口オーナーの田んぼ看板はどのような名前を付けることが出来ますか?

Aのアイコン画像

一口オーナーの田んぼは共同田んぼとなりますので、「共同オーナー」として、個人名もしくは会社団体名を付けることが出来ます。

田植え・稲刈り体験

Qのアイコン画像

田植え体験、稲刈り体験はどうやって申し込むの?

Aのアイコン画像

田植え体験は5月上旬、稲刈り体験は9月中旬に開催します。詳細は水田活性化協議会へお問合せください。体験イベント用の水田では参加者様が一緒になって体験して頂きます。※イベント用の水田を使用しますので、オーナー企業様の水田ではありません。

Qのアイコン画像

田植え体験、稲刈り体験は初めてでも大丈夫?

Aのアイコン画像

プロの農家さんが事前に準備を行いますので、小さなお子様からでも楽しみながら体験出来ます。また安全面での配慮を心がけて運営させて頂きます。

Qのアイコン画像

田植え体験、稲刈り体験で用意するものはありますか?

Aのアイコン画像

作業服(着替え)や長靴(できればヒザまでの田んぼ長靴)をご用意ください。また多少の雨天時にもイベントは行いますので、雨具(レインウェア等)をご用意下さい。

Qのアイコン画像

田んぼのそばにシャワールームなどはありますか?

Aのアイコン画像

シャワールームはありませんが近場の公民館などの公共施設を借りますので、汚れた場合は洗うことが出来ます。

Qのアイコン画像

怪我した場合の保険はありますか?

Aのアイコン画像

参加者様には全員イベント保険に加入していただきます。(料金はイベント参加費に含んでおります。)